b0037799_13125072.jpg

コロッケです。
中身は、前の晩の煮物です。
ふふっ♡ 手抜きです。
ごめんなさい。

それにしても・・・
キャベツふとーい。
[PR]
b0037799_11402737.jpg
あじの干物(自家製)です。
干物といっても、干したのは3時間弱でしたが。

b0037799_1223393.jpg左は 干物を見張っている(狙っている?)
こども です。
ここのとこ 夕方にスコールがあるので、
いつくるか とドキドキしてましたが
きませんでした。
しとしと・・・と縦にふる雨ならいいのですが、
雨季の雨は文字通り 横なぐりの雨なので、
干している間にふられるととても困ります。


b0037799_11405348.jpg
レシピには 最初から調味料を加えて煮る と書いてあり、
それじゃぁ 肉やわらかくならないんじゃないの? と疑いつつ
とりあえず 従ってみました。
玉ねぎのすりおろしのおかげなのか とってもとろとろ~ん でした。
40分くらいしか煮てないのに このやわらかさは すばらしい。
こども 大根ばっかり食べてたので、
「この肉 やわらかいから食べてごらんよ」と食べさせようとしましたが
「ぶぅぶぅ(豚)の肉は 歯にはさまるからいや!」 と
とても3歳児とは思えない理由で断られてしまいました。


材 料
 豚ばら肉・・・300g 玉ねぎ(すりおろす)・・・1個 酒・砂糖・・・各大2 
 じゃがいも・・・大1個 大根・・・1/2本 人参・・・1/2本 干ししいたけ・・・4枚
 薬味だれ[ねぎ(みじん切り)・・・1/2本 しょうゆ・・・大3
        白ごま・ごま油・にんにく(みじん切り)・・・各大1]
つくりかた
1 豚肉は1cm厚さに切り、熱湯にさっととおし、軽く水洗いする。
2 鍋に 1 をいれ、玉ねぎ 酒 砂糖をもみ込み、薬味だれも加えて混ぜ
  10分おく。
3 じゃがいも・大根・人参は1cm厚さの輪切りにし(大きかったら半月)、
  干ししいたけは戻して半分に切り、 2 に加えてふたをして強火にかける。
4 強火で3分 弱火で40分煮て、最後にしょうゆ・みりん少々で味を調える。 
[PR]
b0037799_13393469.jpg
メインはスペアリブなので、マリネでさっぱりと。
かなりすっぱかったのですが、徐々に下にしいた葉たちから水分がでてきて
終わり頃にはちょうどよくなりました。
マリネ液 1回火にかけたほうがよかったのかなぁ。。。


材 料
 なす ズッキーニ 赤ピーマン ピーマン 玉ねぎ スナップえんどう
 マリネ液[酢・水・・・各大3 塩・・・小1/4 砂糖・・・小1]
つくりかた
 野菜を切り、素揚げして、マリネ液につける。


b0037799_13415489.jpg
こちらはスペアリブ。
今回の肉は脂が少なかったうえに、焼きすぎたため、
ちょっとかたくなってしまいました。
が、いつもどおり 好評でした。
こどもは、肉はもちろんですが、玉ねぎをごはんに混ぜてたくさん食べてました。


材 料
 豚スペアリブ・・・500g(2人で750g食べてたときもあります)
 つけだれ[しょうゆ・・・大3 酒・ごま油・砂糖・白ごま・・・各大1 甜面醤・・・小1
        ねぎ(みじん切り)・・・大2.5 アプリコットジャム・・・大1/2
        にんにく・しょうが(各すりおろし)・・・1かけ 玉ねぎ(薄切り)・・・1個]
つくりかた
1 つけだれにスペアリブを2時間くらいつける。
2 200℃のオーブンで20~30分焼く。
3 肉を取り出した後のつけだれの中から玉ねぎをひろいフライパンで火をとおす。
4 2 と 3 とトマトなどを盛りつける。   
[PR]
b0037799_11352270.jpg

先日 「遠足のお弁当何がいい?」と こどもにきいたら
「ぶどうのゼリー」と答えました。
しまった きくんじゃなかった と思ったけど、もう遅い。
指令どおり、前日にぶどうを買いに行き、仕込みました。
画像はガラスの器ですが、遠足にはただのタッパーに入れて持って行きました。
初めはぶどうも食べてたこどもですが、
最後には「ぶどういらない!」とジュースの部分だけ食べてました。
知らないと思うけどさー ぶどう高かったんだよねー
ジュースだけでいいんなら そう言ってよー
種とるのとか手間だったんだけどー
と ぶつくさ言ってみましたが、わかってないでしょうねぇ・・・


つくりかた
1 ぶどうは皮をむき種をとっておく。
2 粉ゼラチン5gを大2の水でふやかす。
  (メーカーによって水の量違うかもしれないので確認して下さい)
3 水150ccと砂糖大2を中火にかけ、砂糖がとけたら火からおろして
  2 を加えて溶かす。
4 3 のあら熱がとれたら、ぶどうジュース(果汁100%)100ccを加える。
5 器に 1 を入れ、4 を注ぎ、冷蔵庫で冷やして固める。
[PR]
こどもの幼稚園の親子遠足に参加してきました。
行く先は、市内から車で30分くらいの公園。
公園の中には、遊園地や動物園や結婚披露宴ができるようなレストランやプールや なんだかとにかくいろんなものがありました。
いいネタになる像などがたくさんあったのですが、
準備不足のため デジカメのバッテリーが少なくこれしか撮れませんでした。
b0037799_15114546.jpg
少し前に くだもの祭り みたいなものがあったようで その名残かと思われます。


前に行ったときも夢中になったのですが 今回もやはりはまってしまいました。
こどもは最後は「もう しない!」と言ってましたが、
もう少しやりたかったなぁ  ワニ釣り。
釣り とは言っても、わたしたち人間がかなうわけもなく
結局ただの えさやり のようなものなんですが。
竹竿の先端に 肉片(ピンク○の中)つきのひもがついていて、
それをワニの頭の上でぶーらぶーらさせてると、すごい勢いで食いついてきます。
b0037799_15122031.jpg


b0037799_15152025.jpg


ぱっくりやられちゃったらおしまいなので、
そうならないようにじらしながら楽しみます。
絶対無理 とわかっていても、
食いつかれたら たいていの人はすごい力で釣り上げようと必死になっています。 
ん?
わたしだけですか?

ここは 帰国前にぜひもう1回行きたいところです。
(今度こそ釣り上げてやるぅぅぅ。)
[PR]
2号ちゃんを妊娠したことがわかってから、
わたしのおなかの上で寝つくことを ずっと我慢してきたこども。
最近 おなかがでてきはじめ、
これからどんどん大きくなっていくから 今が最後かもな と思い
久しぶりに 「かんちゃんのおなかで寝てみる?」 ときいてみました。
その瞬間 ぱーっとうれしそうな顔になったのですが、
その後 「いいの?」 と心配そうな顔に。。。

「じゃぁ 赤ちゃんにきいてみよっか。赤ちゃんがいいって言ったら大丈夫だよ」
というと わたしのおなかに口をあて
「おーい あかちゃーん かんちゃんのおなかでねんねしてもいい?」 と
きいてました。

わたし 「なんて言ってた?」 
こども 「くるちいよー だって。 てって(腕枕)でがまんする」
わたし 「えらいねぇ。がまんするのー。でもさー おかあさんのおなかこれから
      もっと もーっと大きくなるから もうずーっとねんねできないかもよ。
      それでもいいのかなぁ? ほら もう1回きいてごらん。
      赤ちゃんがいいよって言ったらおかあさんは大丈夫なんだからね」
こども 「おーい あかちゃーん かんちゃんのおなかでねんねしてもいい?」 
     「・・・・・・いいよ~」  (赤ちゃん声で)
     「やったー! 赤ちゃんいいって言ったよ。」

こうして わたしのおなかの上で にやにやしながら眠りにつきました。
いつまでできるかわかんないけど、
2号ちゃん生まれたら いやでも ガマン ガマン になるから 
こういう「ふれあい」に関しては 甘えさせてやりたいな と思っています。
(それ以外は 鬼のように厳しいんだけど。)
[PR]
b0037799_12494459.jpg
先日 お米の配達をお願いしたら、「お土産です」とごぼうを2本もらいました。
しかも スーパーで売ってるぐにゃぐにゃごぼうと違って、
中心もスカスカしてないし、いい香り。

b0037799_12522733.jpg秋田人がごぼうを手にしたら
思い出すのはきりたんぽ。(ほんと?)
しかし さすがにきりたんぽをつくるのは
面倒なので、だまこもち。
つくりかたは以前のせたので省略。
今回は 鶏がらではなく、骨付きもも肉を適当にさばいた残りの骨を使用。
身がけっこう残ってたので、鶏がらだけ
よりも濃厚スープになりました。


こどもは また お弁当にして! というので、
タッパーに入れて だまこもち弁当にしました。
スープがえらい気に入って じゅるじゅる飲んでましたが
わたしにお湯でうすめられてからは 手をつけませんでした。
よかれと思ってしたのに 見事裏目に。
うぅぅぅ 負けるもんか!

b0037799_1251661.jpgだまこもちって、ごはんと鶏肉と野菜と
全部入っているので楽といえば楽だけど
これだけ というわけにはいかず、
つけあわせのおかず 毎回悩みます。
悩んだ挙句 今回は あげびたし。
やっぱり なすがとろとろ~で すっぱくって
おいしかったぁ♡


b0037799_12474644.jpg
そして デザートは ラ・イ・チ☆
期間限定ですからね 食べまくらないと。

前買ったときよりも 
色がピンクっぽく 粒が小さかったです。
粒が小さくなったので、なんだか損した気分
でしたが 種も小さくなってたので大丈夫。
b0037799_1329868.jpg
現地語の家庭教師の先生が、
こうなってくるとおいしいのよ と言ってたとおり
前のよりも 甘味も酸味も増して 
うまうま~♡ です。
[PR]
b0037799_14391284.jpg
ほんとは 黄桃とバナナのカップケーキのつもりだったのです。
買い置きしてある缶詰を使おう と思い、
ごそごそだしてきて缶きりであけたら
なんと白いじゃありませんか。
あれ?白桃?
と ここで初めて缶詰のラベルを確認。
うわっ 洋梨じゃん

なんか最近 こんなんばっかし。

ま おいしいからよかったけど。


b0037799_14395838.jpg洋梨とバナナのカップケーキ
準 備
 ①無塩バター65gを室温に戻す。
 ②洋梨3切れとモンキーバナナ1本を
  フォークでつぶす。
 ③薄力粉100gとBP小1/2をふるう。
 ④190℃に予熱。
つくりかた
1 ①をクリーム状になるまで練り、砂糖55gを
  加え白っぽくなるまでよく混ぜる。
2 1 に溶き卵2個分と缶詰のシロップ大1を少しずつ加え、よく混ぜる。
3 2 に②を加え混ぜ、③も加えてさっくり混ぜる。
4 生地を型に入れ、190℃で30分焼く。
[PR]
b0037799_13373053.jpg
たしか クロワッサンにのってたと思います。
当地では 鰆はよく食べられる魚の一つです。
揚げたり、土鍋で甘辛く煮付けてごはんにのっけて食べたりしてます。
血抜きなどの処理が悪いせいか、
日本のものよりも臭みが強い気がするのでただの塩焼きは正直きつい・・・
画像 マスタードが入ったドレッシング写ってますが
あまりおいしくなかったです。(だから粒マスタードつけた)

最近 お弁当好きなこども。
ゆうべは4日目のお弁当でした。
たぶん 今週の遠足の話を幼稚園できいたのでしょう。
金曜日は 「ちろいごはんとー あまあまたまごとー・・・ だんご!」弁当。
土曜日はカレーライス(熟カレー 手抜き)だったのですが、
皿に盛ったとたん しくしく・・・
しょうがないので ただのタッパーに カレーライスを入れ、
ポーチドエッグをのせたら 「たまごカレー弁当だ♡」 とご機嫌でした。
日曜日は 金曜日と同じ。
月曜日は ごはんとのりのつくだにと鰆。
まったく いつまで続くのやら・・・  と少々うんざりなのですが
お弁当にすると いつもの倍以上食べるので ついつい言いなりに。
しかも 食べながら 「かんちゃん!お弁当つくってくれてありがとうね チュッ」
なーんて かんちゃん心をくすぐったりする。
すっかり3歳児に手玉に取られてる34歳母です。。。


鰆のビネガー〆
材 料
 鰆・・・2切れ
 ビネガー液[白ワインビネガー・水・・・各大2 塩・砂糖・・・各ひとつまみ] 
つくりかた
1 鰆の両面に塩をふり、15分おき水気をふく。
2 ビネガー液に 1 を入れ、時々ひっくり返しながら10分おく。
3 オリーブオイルで 皮目から少し焦げるくらいまで焼き、両面も焼く。
[PR]
先週から接続の調子が悪く、
自分のブログを更新するのでいっぱいいっぱいだったので、
今日 久しぶりにみなさんのブログを拝見していましたら
なにやら ミュージックバトン という記事がちらほら・・・
ふむふむ なんだか みんな素敵な曲をきいてらっしゃるわぁ♡ と
眺めていましたら なんと わたしのとこにもまわってきてしまいました。
ぶーさん! ご指名ありがとうございます。 

というわけでして 早速質問にこたえてみましょう。

1 コンピューターに入っている音楽ファイルの容量
 
  ・・・・・・すみません。 わかりません。

2 今聞いている曲

  こどもといるときは、 
  あめふりくまのこ とか ぼくのミックスジュース とかの童謡系
  もしくは
  ウルトラマンガイヤ とか コナン とかのアニメ主題歌系

  ひとりのときは(なかなかゆっくり時間がとれないのですが)
  アストル・ピアソラのCD(とくに決まってない) や
  BURT BACHARACH のベスト盤 や
  ボサ・ノヴァ ベストセレクション

やっぱり お得感からか(けちくさい) ベスト好きですねぇ

3 最後に買ったCD
 
  mania coba3  / coba

4 よく聞く、または特別な思い入れのある5曲

  アストル・ピアソラの曲
   とてもアバウトで申し訳ないのですが、しょうがないのです。
   このお方の曲に出会ったのは、人生のどん底にいたときで
   今までの生き方を悔やみ これからの生き方について悩み
   とにかく もがいてもがいてもがきまくってたときでした。
   そんなとき 偶然チャンネルをあわせたNHKから 次々に流れてくる
   なんとも きれいで せつなく でも力強い 曲。 
   もう 言葉で上手に表せないのがもどかしいのですが
   とにかく ガツン!!! とやられてしまったというわけです。
   それから しばらくは 寝てもさめても ピアソラ ピアソラ・・・ でした。
   今でも いえ これからもずっと聞き続けていきたいですね。 

  LE GRAND TANGO  / YO-YO MA
   ピアソラの曲が聞ける! というだけでCDを買い、
   近くにきたのでコンサートにも行きました。
   ところが、コンサートの最後のほうにこの曲をきいたとき
   あまりに感動してしまい 鳥肌立つわ 涙でてくるわ・・・ 
   まぁ それはそれは 今までに味わったことのない衝撃でした。 
   その時の気持ちを少しでも思い出したいな というときに聞いてます。

  交響組曲「シェエラザード」 / リムスキー・コルサコフ
   吹奏楽部員だった中学1年生のとき
   先輩たちがコンクールの自由曲として連日演奏してたのをきいてたので、
   この曲をきくとまだまだ青かった時代を思い出します。
  
 ぱっと 思いつくのはこんな感じでしょうか。
 曲のきれいさ とかも大事ですが、
 その曲を聴いてた頃の自分を思い出したい というほうが強いかも。

5 バトンを渡す5名サマ

  いやぁ 知り合いの少ないわたしにとっては これが1番たいへん。
  すみません。 気が向いたら 受け取って下さいませ。


  いつもおいしそうなお料理を きれいな写真で魅せてくださる gomaさん
  
  オリジナリティあふれる陶芸 や いろいろおいしいものがいっぱいの yueさん


以上 ミュージック・バトンでした。   
[PR]
by kagoyuyu | 2005-06-20 17:37 | その他