<   2005年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

とか 思ってしまいました。

先週 そんなに無理をした覚えはなかったのですが、
木曜日の午後から 下腹部と腰と恥骨(これが1番強烈)が痛み出し
おなかも張ってたので横になったのですが なかなかおさまりませんでした。

もしかして 2号ちゃんもうでてくるのか? と焦りましたが、
今日現在なんとか大丈夫。
明日は検診なので、よーく調べてもらおうと思います。

主人は毎日ほぼ定時(18:30)には帰ってきますが 
こどもとお風呂に入るのは妊婦のわたし。(なんでだ?)
出血してたり、頭が痛かったり、横になりたいなぁと思うときは
「たんと入ったら?」ときいてみますが、
本人が「かんちゃんと入る!」と言うときは、むかつきながらも入ってました。
が、木曜日は今までにない痛みと恐怖だったので、断ろうとおもってたら、
こどもも 今日は違う と思ったのか ベッドの脇に来て
「今日は かんちゃんおなかいたいから たんとおふろ入るね」 と言ってました。
お風呂に入り、パジャマになり、部屋も片付け、
さぁ 寝るぞ と絵本を持ってベッドにやって来たので
「がんばったね~ 今日は かんちゃんおなか痛かったからいろいろガマン
させちゃったね がんばった がんばった」 とぎゅーっとしてあげたら
「かんちゃ~ん!!!」 と号泣。
わたしの腕の中で、こらえていたものが噴き出した という感じで泣きじゃくるのを
見てたら わたしまで泣けてきたので しばらく そのまま2人で泣いてました。
思いっきり泣いたら 落ち着いたらしく、その後は2人で涙のふきあいっこして
いつものように絵本を読んで 寝付きました。

平気そうな顔してたけど やっぱりいろいろガマンしてたんだなぁ と思うと
この子のためにも あ もちろんおなかの2号ちゃんのためにも
自己管理ちゃんとして 元気でいなくちゃなぁ と反省いたしましたです。
[PR]
b0037799_1154415.jpg
さんま南蛮漬け とよく似ています。
違いは 南蛮漬けは生野菜だけど、これは野菜を炒める というところぐらい。

食べたいものが思い浮かばなかったので、
ブログをはじめるまで書き留めていた献立帳を見て
ちょうど1年前と同じものをつくりました。
この 献立帳 ただつくったものを書いているだけなので
名前ほど立派なものではないのですが
何を食べるか決まらないときなんかに役立つんだろうなぁと思い
結婚して半年くらいたってからつけはじめました。
ずーっと1人暮らしをしていたわりには レパートリーが少なく
結婚当初は 1日の大半 今日何つくろうか どうしよう と考えていたような
気がします。 
料理の本はあっても 当地で同じような材料が全部そろうはずもなく・・・
おまけに あの頃はまだスーパーの野菜コーナーの管理が悪く
かびてたり、しなっとしてたり、ものがなかったり、くさってたりで 
野菜類を買うためには市場に午前中に行かないといけないし
でも乳製品とか要冷蔵物はスーパーで午後からじゃないとなかったし と
そうやって材料をそろえた後で 手際の悪いわたしがつくるのですから
ほんと あの頃は 1日のほとんどを 食べる ことに費やしていました。
なにもあそこまで必死にならなくてもよかったのに と今では思いますが
結婚して 仕事やめて 当地にやってきたわたしに与えられた仕事は
これなんだ と思い ちゃんとしなくちゃ!と気負ってたんでしょうね。
とくにほめられることもなく 毎日が過ぎていき かなりへこんでいた気がします。
新婚さんだったのに。
マリッジブルー とでもいうのでしょうかね・・・
で どうやって抜け出したのか というとー  んー 思い出せません。
ま 時が解決してくれたみたいです。


いや 解決したのかなぁ
いろんな思い 奥のほうに閉じ込めてるだけかも・・・ 
[PR]
b0037799_1611457.jpg
今 わたしは習い事を2つしています。
1つは 陶芸。
そして もう1つは 現地語 です。
家庭教師の先生に 言葉だけじゃなく、
店の情報とか 新聞の内容とか ちょっと不思議な習慣とか
いろいろおしえてもらってます。

先日 もうすぐ わたしが帰国するから ということで 日傘をいただきました。
これ もともと家にあったふつうの折りたたみ傘だったのですが、
刺繍のほどこされた布をはりなおし
見事素敵な日傘に生まれ変わって帰ってきました。 

b0037799_16112374.jpg
刺繍部分のアップです。
すべて 手刺繍だそうです。

お土産にちょうどよさそうなので(今年はもう使えないけど)
日本に出張で帰った主人に頼んで
1本350円の折りたたみ傘を 20本 持ってきてもらいました。

どんなデザインにしようか 楽しみ~
[PR]
なんと 来週からは妊娠7ヶ月になります。
早いなぁ。。。

先週 高性能超音波検査を受けてきました。
高性能超音波検査 というのは わたしが先生の英語を訳したものです。
いくらかかるのか予想もつかなかったので、500ドルほど持って行きましたが
機械はいつもとまったく同じもので、先生が違っていました。
そうです。
超音波の機械が高性能なのではなく、診断してくれる先生が高性能
ということでした。
いつもの先生は 横で一生懸命 画像をのぞきこんだり、メモをとったり、
機械を操る先生の手元を見つめたりしてました。

いつもは 頭などの大きさを測り、心音を聞くくらいですが このときは
頭の中に血の塊ができていないか
心臓の中にちゃんと4つ部屋があるか
背骨はちゃんとしているか
手足の指はあるか
胃の大きさはどうか
など 細かく調べてくれました。
結果 「Everything is fine!」  でした。 ほっ
ま 今のところ ということらしいですが。
そして 性別は 女の子でしょう ということでした。 これまた ほっ
前回 100%じゃないけど と言われてましたが
安いことをいいことに 女の子の服をバンバン買い込んだ今となっては
男の子って言われてもねぇ・・・ 何を今さら・・・ という感じだったのです。


2号ちゃんの大きさが、妊娠週数よりも1~2週間分くらい小さいらしく
いつもの先生に また 「Eat more and more!!!」 と注意されました。

べつに 食べたいの我慢してるわけでもなんでもないんだけどなぁ・・・
たしかに 初回検診時よりもまだ減っている状態だけど
あの時 旅行のあとで 1番太ってたんだけどなぁ・・・

「2週間で2kg太ってきなさいよ」(英文 おぼえてない) とも言われました。
が、それって 絶対無理ですから。

10月になって日本に帰ったら おいしいものがいっぱい待ってるし
実家で 上げ膳 据え膳 生活だから
心配しなくても ぶくぶく太ると思うんだけど それじゃだめなのかしら。。。
[PR]
とうとううちにもやってきました。
こどもの なんで攻撃 です。

「こたえてくれようとしている親の姿勢を見ることが大事」 と何かで読んだ気が
するので(いまいち自信がないけど)
こどもが納得するように 話をつくったり、
なんでだろうね~ と一緒に考えたりしてごまかしてます。
もちろん 理由がちゃんとあるものは、
できるだけ正確に答えようと思いがんばっておりますが
なんで なんでって言うの? と逆にききたくなるような場面での
なんで? には困ってしまいます。

たとえば ごはんつくってるとき。
横に来て 自分もいろいろやりたがるのですが
危なっかしくて はっきり言ってじゃまなので
「あ それ熱いから おかあさんするよ」
「あ それイタイイタイになるから おかあさんするよ」
と言って、やめさせようとすると
「なんで かんちゃんは熱くないの?」
「なんで かんちゃんは痛くないの?」 と攻撃されます。
んー 大人は気をつけてやるから 熱くないし痛くないんだけど
そう言って じゃぁ気をつけるから!と続けられても困るしなぁ・・・

と そんなときにとっさに口から出た

「かんちゃんは 35歳だから!!」 に対し こどもは

「ふーん 35ちゃいだから熱くないち痛くないのね ちょっかぁ。。。」 と納得。

よっしゃ これ使えるかも とニヤっとしてしまいましたが、
その後 足をテーブルにぶつけて
「いったーーーい」 と大騒ぎしてたら
「35ちゃいなのに痛いの?なんで?」 とやっぱり なんで攻撃 されました。

反撃じゃ~
[PR]
b0037799_0412280.jpg
慌てて写真撮ったので トマトころがってます。。。

ポークソテーにかけたソースは、
ESSEにのってた 『デリじょうゆ』 なるものがベースです。
この 『デリじょうゆ』 前から存在は知っていましたが、
仕込んで1日おかないといけないので
計画性のないわたしには なかなか縁のないものでした。
が、なんとか忘れずに前日に仕込み(といっても容器に入れるだけなんだけど)
試してみることができました。
めでたし めでたし。


材 料
 豚肉 しいたけ マッシュルーム えのきだけ
 ソース [玉ねぎすりおろし・・・150g 酒・・・大2.5 さとう・・・小1 
       にんにく(つぶす)・・・1かけ レモン汁・・・大1
       デリじょうゆ(しょうゆ・みりん各1カップに5cm角の昆布を密閉容器に
              入れ、1日おいたもの)・・・75cc]

つくりかた
1 ソースの玉ねぎのすりおろしとにんにくを5分ほど炒め、
  デリじょうゆと酒とさとうを加え1~2分炒める。
  火を止め、レモン汁を加えてさっと混ぜる。 
2 豚肉は、塩コショウをして小麦粉をまぶす。
3 フライパンで豚肉を焼く。火がとおったら、皿に盛る。
4 あいたフライパンで、きのこ類を炒め、しんなりしたら豚肉の上にのせる。
5 きのこがのった豚肉の上に 1 をかけていただく。
[PR]
b0037799_16385754.jpg
簡単ロールケーキ は たしかに簡単なので 気軽につくれていいのですが、
もっとふわふわでしっとり(できるのか?)のがいいなぁ と思ってしまいます。
本格的なレシピを調べて 手順もきっちり・・・ にこしたことはないのですが
少しでも楽をしたいので、今回はとりあえず別立てでつくってみました。

手間がかかった分だけ ふわふわでしっとり しましたが、
もっと もっと と欲が出てしまいますね。。。

画像 見ていただければわかると思いますが
  巻き終りの部分をカットしない
  切り口がきたない
  クッキングペーパーから生地を焦ってはがした
と おおざっぱ というか 詰めが甘い というか
作品に わたしの性格が見事にあらわれてて いやですねぇ。


以下 生地(約20cm×20cm)のみ です。
クリームはお好みで。

準備
①卵2コを卵黄と卵白にわけて 卵白は冷蔵庫で冷やしておく。
②片栗粉10gと薄力粉20gをあわせてふるっておく。
③バター15gを溶かす。
④180℃で予熱。

つくりかた
1 ①の卵白に酢小1/2を加えて泡立ててメレンゲをつくる。
  冷蔵庫に入れておく。
2 ①の卵黄にさとう25gを加え 泡立てる。
3 2 にティーバッグ1/2袋と ② を加え軽く混ぜる。
4 3 に 1 を3回にわけて混ぜ、③ とはちみつ大1/2を入れる。
5 クッキングペーパーでつくった型に入れ平らにならして180℃で10分弱。
[PR]
b0037799_166139.jpg
ん~ ビアマグでもいいかなぁ。。。

筒をつくってから、 なた のようなものでざくざく削ったのですが
釉薬かけるまでは なんだこりゃ という感じでした。
が、焼きあがってみたら なかなかいい感じ。
思わず先生に 「手直ししてくださったんですか?」 ときいてしまいました。
[PR]
b0037799_15531099.jpg
かなり大きいです。
卵 置いてみましたが わかりますでしょうか。

2つつくったのですが、素焼きまでの段階で1つにひびが入ってしまい
1つだけになってしまいました。
[PR]
b0037799_15402124.jpg
以前 こどものためにつくりましたが、
割ってしまったので また同じようなのをつくりました。
幼稚園では おさかな がこどものマークなので 外側に書いてあります。

そして 内側は前と一緒で にこちゃん です。
b0037799_15404337.jpg
「全部 食べたら にこちゃん 見えるから頑張ろうね☆」 につられて
完食してくれることを祈ってます。
[PR]