<   2005年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

とうとう臨月です。
こちらこちら にあるように 来週(妊娠37週)になれば いつ産まれてきてもいいそう。
今日の検診時に 「36週ですから2300gくらいになってると思いますよ」と言われ,エコーをあててもらったところ
推定体重 2560gとなっていて,「2500gをこえてますから いつ産まれても大丈夫でしょう」と言われました。
こどもと一緒に行ってきましたが,また一緒に台の上に寝て,「あかちゃ~ん おにいちゃんでちゅよ~」と叫んでました。
そのとき 偶然 2号ちゃんの手がバイバイをするような感じで動いて見えたので もうこどもは大喜びでした。
今のところ 毎日のように 「あー はやく赤ちゃん抱っこちたいよぉ」 と楽しみに待っているようなので
あと1,2週間くらいで産まれてきたらいいなぁ という感じです。

さて 唐突ですが ここで 今回の妊娠をふりかえってみようと思います(まだ終ってないけど)
つわりも腰痛もないし,妊娠8ヶ月から実家に寄生してるので 他人と比較すると ぜんぜん楽な方だと
思いますが,引越し準備がたたったせいか 前回よりもかなりしんどかったです。
もう1人欲しいかな とも思っていましたが,すっかり自信をなくしてしまいました。
初期の出血 前回もあったので,あぁまたか という感じでしたが
上の子がいるので,なかなか安静にもしていられず,きつかったです。
中期には 性別がわかったので,買い物したり,引越しのための片づけやら荷造りやらをしましたが
そのせいか 何日間かおなかの張りと陣痛みたいな痛みにおそわれました。
前回 39週ではありましたが,陣痛の前に破水してしまったので
今回も先に破水するかも(根拠はないんですが) でももしそうなってしまったら
大げさですが わたしも赤ちゃんもだめかも・・・ とか考え出すと 眠れなかったです。
前回,同じ病院に 妊娠7ヶ月で破水して出産して1000g未満だったけど命は助かった という母子2組が
いたので,日本だったら とりあえず命はなんとか救ってもらえる とわかっていましたが
わたしがいたのは,医療水準の低い国。
超未熟児は まず助けてもらえないだろうし,母体の大量出血にも対応できるのかわからないし
できたとしても輸血の素となる血液は 『お金のために売った血』。
あのときは 身体的にもつらかったですが,精神的にもかなりまいりました。
で,帰国間際の前置胎盤騒動。
ま 結果これは 先生の思い違いだったらしいのですが,それがはっきりわかるまでは ドキドキでした。
それと 恥骨痛。
前回と比べてかなり早い時期から恥骨周辺が痛く,
帰国したては買い物で店の中を歩くのもいやになるくらいで
なんか お産がせまってきた今よりも あの頃の方が痛かった気がします。

と まぁ いろいろありましたが,産まれてきた赤ちゃんの顔を見たら ぱっと忘れてしまうんでしょうね。
前回は 初めてだらけで 毎日とにかく必死で 赤ちゃんのお世話を楽しむ余裕がまったくありませんでしたが,
一生懸命だった割には細かい記憶がなく,沐浴ってどうやるんだっけ? 何を準備したらいいんだっけ?
と とても2人目のおかあさんとは思えないほどの 頼りなさです。。。
が,約4年ぶりの赤ちゃんとの暮らし 上の子ともども 楽しんでいきたいと思っています。
[PR]
もう少しで 2号ちゃんが生まれてくるわけで,それはとても喜ばしいことですが,反面心配なこともあります。
元気な状態で生まれてきてくれるかなぁ とか ちゃんと育てていけるかなぁ とか いろいろありますが,
1番は 3歳8ヶ月の上の子のことかも。
赤ちゃんがえり もですが,入院期間どうやって過ごすのかなぁ と思うと切ないです。。。
まぁ 上の子 うれしいことに(少しうっとうしいときもあるけど) わたしが大好きなのですね。
「かんちゃん だいちゅき♡」 と毎日 10回以上 寝るときなんかは「かんちゃん ほんとにだいちゅき♡」と
唱えながら眠りにつきます。
車でお出かけのときは,「てってつなご♡」とずーっと手をつないでいます。(現在身重のため運転はしてません)
夜は 「かんちゃんの手で寝るぅ」と 腕枕を要求してきて,朝方は 必ずわたしの布団に入ってきて
「かんちゃんかなちかったよー」(かんちゃんいなくて寂しかったよ)と 抱きついてきます。
ごはんのときだろうと,テレビ見てるときだろうと,お散歩中だろうと 時間も場所もかまわず 突然寄ってきて
手をにぎりながら ほっぺや口に チュッ♡ とします。
小さい頃から掃除機がとってもこわく,今も母が掃除をはじめるとキャーキャー言って
逃げ回っていますが,母がふざけて わたしの足や手を吸い込もうとすると
「だめ------× よーととがまもる!」と叫びながら(が,腰はひけてる)
掃除機に立ち向かっていきます。
ゆうべなんか お風呂に入っているとき 「よーとと かんちゃんに はなちがある」 と言い出し
「なに? かんちゃん大好きってこと?」ときくと わたしの両肩に手をのせて「違う! よーとと 絶対にかんちゃん守る!」
と今まで見たことがないくらい真剣な顔で言ってました。
わたしって 怒るとめちゃめちゃこわくて 厳しい鬼母で(だからなのか?)
こどものためというよりも こっちの都合で だーーーっとどなりつけることも多いのですが
それでも こんなわたしを無条件で好き というなんて こどもってすごいなぁと思います。
小さいうちは 母親の庇護がないと生きていけないから 当たり前だ と言われればそれまでですが・・・

現在 わたしの実家にいて,父母にもよくなつき,仲良くやってはいますが
やはり わたしじゃないといや ということだらけで,ほんと入院中どうなるんだろう と心配です。
ま 泣こうがわめこうが いないものはしょうがないので,すぐにあきらめるとは思いますが
病院に面会にきたら また思い出して泣き喚くのかなぁ・・・ というか 泊まっていくとか言うかも。
そういえば 今まで 一緒に寝なかったのって ひどく酔っ払ったとき と これまたひどくおなかこわしたときと
んー 全部で5回もあったかな

いやぁ こうやって書いてたら ますます心配になってきました。
ってこどものことばっかり言ってますが,わたしの方が離れることに自信がないような気がします。

さて いったいどうなることやら・・・
[PR]
11月の初めくらいから 幼稚園か保育所に行かせて・・・
と軽く考えていましたが,いざ電話をしてみると
年度途中の入園・入所はけっこうむずかしいことが判明。
ならば
友達と遊ぶのが好きだということ
前も幼稚園に通っていたから 基本的なことはちゃんと
1人でできるということ
を 実際に見てもらった方がいいや と考え
本命の幼稚園のまわりをうろうろしてみました。
たまたま 外遊びに出てきた子たちと仲良く遊んでいるところを
先生が発見してくれて,話しをすることができ,
面接の日が決まり,入園の日が決まり・・・ と
あとはとんとん拍子にすすんでいきました。

が,こどもは
「日本の幼稚園には行かない! ベトナムの幼稚園に帰る!」
と言い張ってました。
というのも 帰国して1ヵ月半ですが,
こどもは これは一時帰国でまた戻るんだ と思っていたらしく
前の幼稚園の担任の先生や友達と早く遊びたい とずーっと
言っていました。
が,先週 寝る前によーく話をしたら
もう 戻らない = 幼稚園にも行けない = みんなにも会えない
ということが やっとわかったみたいです。
しかし,だからといってすぐにこっちの幼稚園 とはいかないようで
入園前に 幼稚園バスの時間にあわせて道路にでてみても
「バチュは見るだけ。よーとと(自分のこと)は乗らない!」
「かんちゃんといっちょなら行くけど 1人はだめ」
と頑なに拒否。
んーーー これは無理やり押し込むしかないな と思っていましたが
昨日の夕方 急に
「じゃ よーとと1人でバチュ乗って幼稚園行こうっと
なかなか帰ってこないかもよ うふ♡」と言い出しました。
そんなこと言っても,1ヵ月半も母子べたべた生活だったから
朝は泣くんだろうなぁ と思っていましたが
「泣かないよ」と言ってたとおり
今朝 泣かずにバスに乗って行きました。
帰宅後も
「たのちかったぁ。あちたも行くじょー」と言ってたので
安心しました。

でも,さっき寝る前に幼稚園の話をしてたら
「みんな 1人で遊んで 1人で遊んでって言ってた。
よーととかなちかったよ。でも がんばったよ」とぎゅーっと
しがみついてきたので なんだか涙がでてしまいました。

まだまだ赤ちゃんみたいな3歳児だけど
新しい幼稚園に行く って自分で言い出すまでには
いろいろ考えて 納得したんだろうな とか
初日だからしょうがないけど,
輪の中に入っていく苦労をさせて悪いな とか思い
また 妊娠中ということもあり,1回泣き出すととまらなく
おいおい泣きました。
当のこどもは けろっとして隣でマジレンジャーの歌とか
歌ってましたが・・・
ま こうでなくっちゃやってらんないかぁ とまたこどもに
おしえられたような気がしました。
[PR]
先週から妊娠9ヶ月に入っています。
胎盤が下がってきているとおどされ,
いつおこるかわからない大出血におびえびくびくしながら帰国し,
検診へ行ったところ
「んー 下の方には見えないんだけどなぁ」とのこと。
よかった よかった。

先週の検診では,2号ちゃんの推定体重が標準になっていました。
この1ヶ月の 食っちゃ寝生活 の成果かしら・・・
ま 理由はなんであれ これまた一安心。
このとき,こどもも連れて行ったのですが,
エコーをあてるとき わたしと一緒に台に寝ておなかをだし,
看護士さんを笑わせてました。

入院準備もほぼ終わってるので,
あとは無事に臨月を迎えるだけ という感じです。
[PR]