タグ:幼稚園 ( 6 ) タグの人気記事

b0037799_20393696.jpg
先週の金曜日 幼稚園で焼き栗パーティーがありました。
Magusto というらしいです。
土曜日が2番絞りのワインと焼き栗を食べる 聖マルティーニョ祭だから
らしいです。

葡萄牙初心者としては まだ らしいです としか書けません。。。


左の袋の中に 焼き栗と右の紙を入れて持って帰ってきました。
紙になんか書いてあるのですが 意味わかりません。
これから 勉強いたします。

ところで、栗の絵。
逆さまじゃん と思うのはわたしだけ?
b0037799_20525767.jpg

[PR]
b0037799_9152087.jpg

幼稚園で初めてハロウィーンに参加した ゆー。
いつもは7時になっても「まだねむ~い」となかなか起きてきませんが
この日は6時過ぎから「今日 おばけパーティーだよね」とはしゃいでました。
家から コスチュームを着てくる子もいましたが、
ゴミ袋を持ってくればいい と書いてあったので とりあえず持たせました。
わたしも かかわるのは初めてだったので、今年は様子見。
夕方迎えに行ったら、ちゃんと汚らしくしてもらってたので一安心。
女の子は くまどり(っていうんでしたっけ)みたいなメイクをしたり
爪を黒くしたり、けっこう凝ってました。

b0037799_23463386.gif来年は かんちゃん 張り切っちゃいますよ~。
[PR]
幼稚園に通いだして 約2ヶ月半たちましたが
ようやく朝バイバイするとき 泣かなくなりました。
夕方は、まだ時々泣きながら待っていたりしますが。。。

言葉は、単語が少しずつわかってきているようで
家でも ちらほらでてくるようになりました。
が、文章となると難しいらしく まだまだですね。
そんな中 1番に覚えた文章は
「Quero mais!」
意味は おかわりくれぇ~ です。

死活問題だもんね。



こっちに来てすぐの頃は
「ポルトガルの幼稚園がおわったら、日本に戻って日本の幼稚園に行くぅ」と
言ってました。
その後何回かわたしと
幼稚園が終わったら こっちの小学校に通って・・・ という話をするうち
日本に戻りたい と言わなくなりました。
それどころか
「オレ ポルトガル語話せるようになったら ポルトガル人になるよ」
と ポルトガルに帰化宣言。
そして めでたくポルトガル人になった暁には
わたしのことを かんちゃん ではなく マエン と呼ぶそうです。



日本にいたら・・・ ここがベトナムだったら・・・
などと 考えてもしょうがないことをいじいじと考えてる母とは大違い。
そういうふうに腹をくくって 現実を受け入れる (たぶんそこまで深くないと思うけど)
なんて 前向きなんでしょう
見習わなくては   です。
[PR]
こちらについてから 10日ほどたちました。

なんとか 元気でやっておりますが、
実家暮らしで怠け癖がしみこんだわたしにとっては
ひじょーに きつい生活であります。

上の子は 9月の新学期から地元の幼稚園に通う予定でしたが
先週の金曜日から すでに行っております。

が、やっぱり言葉が通じないせいか楽しくないらしく
今日も大泣きでした。

「日本に帰りたいよ~」 って言われると こっちまで泣けてきてしまいます。。。

「行き続けてれば いつか絶対楽しくなるから」 と
自分自身にもはっぱをかけつつ 幼稚園においてきました。

坂道が多いこの街で 15年ぶりのマニュアル車は つらいです。
みーちゃんの夜泣きや 引越しの片付けや なんやかんやで
もうすでに お手上げ状態に近いのですが
みーちゃんの笑顔と
タオルをにぎりしめ 「わかった。よーちえんに行く」と泣きながら
車に乗る上の子の頑張りに 背中をおしてもらってる感じです。

次回は もうちょっと明るい報告ができるといいなぁ
[PR]
11月の初めくらいから 幼稚園か保育所に行かせて・・・
と軽く考えていましたが,いざ電話をしてみると
年度途中の入園・入所はけっこうむずかしいことが判明。
ならば
友達と遊ぶのが好きだということ
前も幼稚園に通っていたから 基本的なことはちゃんと
1人でできるということ
を 実際に見てもらった方がいいや と考え
本命の幼稚園のまわりをうろうろしてみました。
たまたま 外遊びに出てきた子たちと仲良く遊んでいるところを
先生が発見してくれて,話しをすることができ,
面接の日が決まり,入園の日が決まり・・・ と
あとはとんとん拍子にすすんでいきました。

が,こどもは
「日本の幼稚園には行かない! ベトナムの幼稚園に帰る!」
と言い張ってました。
というのも 帰国して1ヵ月半ですが,
こどもは これは一時帰国でまた戻るんだ と思っていたらしく
前の幼稚園の担任の先生や友達と早く遊びたい とずーっと
言っていました。
が,先週 寝る前によーく話をしたら
もう 戻らない = 幼稚園にも行けない = みんなにも会えない
ということが やっとわかったみたいです。
しかし,だからといってすぐにこっちの幼稚園 とはいかないようで
入園前に 幼稚園バスの時間にあわせて道路にでてみても
「バチュは見るだけ。よーとと(自分のこと)は乗らない!」
「かんちゃんといっちょなら行くけど 1人はだめ」
と頑なに拒否。
んーーー これは無理やり押し込むしかないな と思っていましたが
昨日の夕方 急に
「じゃ よーとと1人でバチュ乗って幼稚園行こうっと
なかなか帰ってこないかもよ うふ♡」と言い出しました。
そんなこと言っても,1ヵ月半も母子べたべた生活だったから
朝は泣くんだろうなぁ と思っていましたが
「泣かないよ」と言ってたとおり
今朝 泣かずにバスに乗って行きました。
帰宅後も
「たのちかったぁ。あちたも行くじょー」と言ってたので
安心しました。

でも,さっき寝る前に幼稚園の話をしてたら
「みんな 1人で遊んで 1人で遊んでって言ってた。
よーととかなちかったよ。でも がんばったよ」とぎゅーっと
しがみついてきたので なんだか涙がでてしまいました。

まだまだ赤ちゃんみたいな3歳児だけど
新しい幼稚園に行く って自分で言い出すまでには
いろいろ考えて 納得したんだろうな とか
初日だからしょうがないけど,
輪の中に入っていく苦労をさせて悪いな とか思い
また 妊娠中ということもあり,1回泣き出すととまらなく
おいおい泣きました。
当のこどもは けろっとして隣でマジレンジャーの歌とか
歌ってましたが・・・
ま こうでなくっちゃやってらんないかぁ とまたこどもに
おしえられたような気がしました。
[PR]
b0037799_12172846.jpgきのう 幼稚園で焼き芋会がありました。
先週の芋ほり遠足でほったものの一部を
園で保管しててそれを焼いたそうです。
画像は、いきなり畑に行って戸惑わない
ようにと イメージトレーニング用に
新聞紙でつくったさつまいもです。


こどもが通っている幼稚園は、園長先生が日本人で先生も日本からよんできています。
なので、園内では何人であれみんな日本語です。

うちはこの先もずーっと外国を転々とする という予定ではないので、
だったら とりあえず母国語でお話できるようになってほしいと思い 
この幼稚園を選びました。

異国の地で しかもここってほぼ年中 ”夏” なのですが、
ちゃんと日本の四季にあわせた行事を企画しているので、
子供たちには実感はないかもしれないですが、
変化があって楽しいんじゃないかな と思っています。
[PR]